01
19
山の写真集

夏の剣岳遠望

夏の剣岳遠望
夏の剣岳遠望
 会創立者の大沢さんからご自身が書かれた絵の展覧会のご案内をいただいた。峻険な岸壁の剣岳が描かれていた。この山はアルペンムードを漂わせる絵になる山であり、漢字”山”を体言している山である。若い頃は八ツ峰の岩登り、剣沢の雪上登り、源次郎尾根の登攀に良く出かけたところである。一度撮影にも出かけたいと思っていた。番場島は冬の登山基地であり、中山は剣岳の良いビューポイントである。残念ながらこちらからの写真用アルペンムードは良いとは思えなかった。日を改めて室堂から登った。剣沢にテントを張り翌早朝に別山頂上に上り、カメラをセットした。ご来光が始まり撮影を始めた。ちょうどご来光の瞬間に電池が切れた。予備をテントサイトに忘れてしまった。不運であった。おそらく二度とこのシーンは撮れないであろう。翌日は再び訪れたが雲がかかり、ご来光は撮影できない。しかしながら面白いものである。下りに雲が上がり始め剣岳撮影の絶景を提供してくれた。また次の立山三山撮影の好条件にもめぐり合えた。帰りには岐阜からの二人組みと一緒になり話しながら室堂まで帰ってきた。
Photo狂
ご覧いただきありがとうございました。
どこかでお会いできることを楽しみにしています。
ぷちっと応援お願いします!
↓↓↓
にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ
にほんブログ村