01
24

富士夜明けのファンタジー
富士夜明けのファンタジー
 高ボッチは南・北・中央アルプス、八ヶ岳等山岳地帯の中に位置し、360度山が見渡せる撮影の絶好地である。秋の朝焼けの富士山を撮るために崖の湯温泉に宿を取り出かけた。高原の東面は諏訪湖、八ヶ岳、富士山方面を撮るのに適している。4時に宿を飛び出し暗いうちに出かける。頂点の向こうに暗い影が見える。すでにカメラマン氏が一等地にカメラをセットしている。少し待つと朝焼けが始まる。カメラマン氏と交互に音を立てながら数十秒おきぐらいにシャターを数分間切リ続けた。この構図はときどき展覧会で拝見するもので目新しいものではない。富士山を被写体にした写真は多く発表されており、傑作をものにするのは難しい。いずれにしても絵になる写真が撮れる。
Photo 狂
ご覧いただきありがとうございました。
どこかでお会いできることを楽しみにしています。
ぷちっと応援お願いします!
↓↓↓
にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ
にほんブログ村