07
13

7月12日 福井県の「うつろ谷」という沢に行ってきました。
以前から計画していた沢登り。
涼しい日が続いたので、寒かったらどうしようと思っていましたが、全国的に暑かった。
まさに沢日和でした。
朝早く名古屋を出発。舞鶴若狭道で美浜インターまで行けるので、2時間足らずで入渓点まで行けます。
アプローチなしで、林道からいきなり沢へ。
私は約10年ぶりに行きました。最初の滝のイメージは覚えていましたが、あとは記憶もおぼろ・・・。
おかげでオンサイト気分で楽しめました
最初に現れる10mの滝。
支点がないので、少し緊張しました
s-20150712_090904.jpg
次に出てくる大きな滝。階段状で右側から簡単に登れます。
DSC02474.jpg
途中の小滝。
次から次に現れますが、どんどん進んで行けます。
楽しいな・・・。
DSC02476.jpg
最後の方で現れる2段の滝。
右側からシャワーを浴びながら登ります。晴れててよかった。
s-20150712_112711.jpg
奥の二股を左にとりましたが、コース経験のあるTさんによると、右にとった方がきれいだったとか
最後は、広葉樹の緩やかな林に出ます。途中方向を少し間違えましたが、ヤブこぎもなく登山道にでました。
少しあがると、「明王の禿」という変わった名前のところに出ます。いきなり開けていて、「おおっ」と声がでました。
写真の奥に見えるのが、赤坂山です。
崩壊地で、岩の形が印象的です。
DSC02479.jpg
「明王の禿」から、琵琶湖の北端をのぞみます。
天気がいいと遠望がきくようですが、この日は暑さのせいか遠くまでは見通せませんでした。
DSC02481.jpg
ここから赤坂山までは気持ちのいい稜線歩き。トレラン風の方も歩いて(走って?)いました。
帰りは、ふたたび若狭側に古道を下ります。
ブナの林が気持ちがいいところです。
以前来たはずの沢なのに、はじめて来たかのように結構楽しめました。
自分のうつろな頭に感謝しました(笑)
この日はフェーン現象なのか北陸は暑かった。
帰りは敦賀の「ニューサンピア敦賀」でお湯に浸かりました
リーズナブルで空いていてよかった。