2泊3日の荒川三山が悪天候で中止になり、天候が良い20日に急遽日帰り山行が決まりました!

早朝の中央道を快調に走り6時前に菅ノバスCに到着、少々肌寒いです。

平日なのにすでに多くの登山者がいて6時15分の始発は無理かと思っていたら、6時過ぎにバスの臨時便が出てロープウェイを乗り継ぎ7時には千畳敷に到着です。

千畳敷  7:20

いよいよ登山開始 さわやかな秋空が迎えてくれました。 

ナナカマドの真っ赤な実が青空を背景にとてもきれいです!

宝剣山荘を経て濃ケ池です。

濃ケ池ではまったり気分で、美しい宝剣を眺めながら小休止。

池が湧き水であることを突き止め盛り上がりました。

将棋頭山に向かう山道では、南アルプスから八ヶ岳の山々が一望でき最高の登山、さらに尾根に上がると北アルプスからまじかに御嶽山とまさに最高の景色が味わえました。

将棋頭山の直前で小休止。

将棋頭山 10:30

本日最初の山頂は360度のパノラマで山の名前をたくさん教えてもらいました。

勿論、富士山も縦の筋まで見えていました。

木曽駒に向かう途中、御嶽をバックに、右は乗鞍?

この先でお猿さんを見かけましたが、写真はなしです。

木曽駒ケ岳 12:50

こちらも順調に到着で、さすがに登山者は多かったです。

雪上訓練で来た時の頂上は雪で真っ平だったはずが、岩がゴロゴロあってビックリ!

朝早いバスに乗れたおかげで、ここでもまったり休憩が取れました。

ただ、私は熱湯3分のカルボナーラのお湯の量を間違えて、薄味のスープパスタを頂きました(ガックシ)。

宝剣岳 14:30

本日最後の山頂は宝剣でした。ヘルメットに簡易ハーネスで安全第一。

駒が岳をバックに記念写真です。

見下ろすと少しおっかないですが宝剣からの眺めも最高です。

宝剣は下りも慎重に進み、宝剣山荘からは4時のロープウェイを目指して下山です。

千畳敷 15:45

ロープウェイからバスに乗り継ぎ、菅ノバスCまではぐっすり眠っていました。

温泉で汗を流し、美味しいソースかつ丼を頂いた最高に楽しい山行でした!


山行データ 1日目

山名・山域将棊頭山、木曽駒ケ岳、宝剣岳
山行ルート千畳敷~浄土乗越~濃ケ池~将棊頭山~木曽駒ケ岳~宝剣岳~浄土乗越~千畳敷
日付2019.09.20
所要時間8時間25分
山行人数5名
天候
山行記録千畳敷  7:20

宝剣山荘 8:10

濃ケ池  9:20-9:35

将棋頭山 10:30-10:50

木曽駒ケ岳 12:50-13:30

宝剣岳 14:30-14:40

千畳敷 15:45
備考宝剣でコースロープの外を気付かずに下山しはじめた登山者がいた。驚いて仲間が声をかけた。ビックリ!