21/04
20

4月20日、クライミングの練習に、平日山行に行ってきました。

とても天気が良く、岩も乾いていて、格好の練習日和。まだ山桜が散りかけですが、青空に映えてきれいでした。

都会と違って、新緑もきれい。

 

この日は前尾根でリードアンドフォローの練習です。

 

まずは、P7から、短いクラックを登って、リッジに移り、上部で確保してもらい登ります。

Sさん、安定した登りでした。

2人がフォローして、次のP6に向かう途中、突然私の背中に激痛が・・。

痛みで動けなくなり、経験者のHさんに「ぎっくり腰じゃないですか」と言われました。とりあえず、私はP6の基部で待機、2人にP6だけ登ってもらいました。

 

2人に戻ってきてもらい、巻き道も痛くて降りられないので、懸垂下降のロープをセットしてもらいおりました。

P7基部からは、荷物を持ってもらって、一歩ごとに「うっ、うっ」とうめきながら下山。腰を立てて、そろそろと歩かないといけない。傍から見ると、きっと寛平ちゃんの「かいーの」の姿勢だったと思います(若い人は知らんと思うが。)。

2人に助けられて何とか帰れました( ノД`)シクシク…

せっかくの天気なのに、お二人には申し訳なかった。

 

周りにぎっくり腰になった人はいましたが、こんなにつらいとは思いませんでした。

帰って、横になっても座っていても痛い。そして前触れなく、突然くる。これは怖い。拷問だ。

 

経験者のHさんによれば、かつてはぎっくり腰になったら、まずは安静といわれていたけど、神経系でなければ、できるだけ日常的に動いた方が予後がいいそうです。

 

 


山行データ 1日目

山名・山域御在所 
山行ルート前尾根
日付2021.04.20
所要時間
山行人数3人
天候晴れ
山行記録
備考ピーカン 完璧な晴天だっただけに・・・