11
16
山の写真集

嘉門次の遺品

上条嘉門次の遺品
 11月12日初冬の穂高の写真を期待して上高地に入った。今年は暖冬で岳沢から吊尾根・西穂稜線に架けて全く雪は無い。早朝の朝明けが天気予報から期待されたが、雲が稜線を覆い写真にならない。アマチァカメラマンの団体20名程が泊まっていたり、プロカメラマンがいたが途中であきらめて三脚をたたんでいた。しかたなく明神池まで散策しながら題材を求めて歩いた。驚いたことに”おしどり”も”やまめ”も人間慣れをして近づいても逃げていかない。観光客がえさをやり、餌づいてしまったらしい。監視員が嘆いていた。嘉門次小屋でしるこをいただき、嘉門次の遺品を見せていただいた、嘉門次の狩猟用鉄砲とウエストンから貰ったピッケルである。
ご覧いただきありがとうございました。
どこかでお会いできることを楽しみにしています。
ぷちっと応援お願いします!
↓↓↓
にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ
にほんブログ村