01
05
アイスクライミング

年末の八ヶ岳 広河原沢

12月30日、31日と八ヶ岳のの広河原周辺に行ってきました。
本当は合宿で八ヶ岳の東面に入る予定でしたが、メンバーが急病となってしまい、当初の計画を断念。
アプローチの近い広河原に行先を変更しました。
29日の晩に名古屋を出発。
「岳人」で八ヶ岳特集を組んでいたので、舟山十字路に車を停められるか心配でしたが、そんなに多く車なくでやれやれでした。
 積雪量も思ったよりは少なく、十字路までは車も問題なく入れました。
 
 初日は、広河原の二俣でテントを設営後、クリスマスルンゼを登りに行きました。
 右俣を詰めて行くと、阿弥陀岳が大きく見えてきます。赤岳方面から見る姿と違って、荒々しい感じです。
 DSC01950.jpg
 
 写真右側の氷瀑がクリスマスルンゼ。
 だいぶ登った人が多いのか、中央の登りやすいところはボコボコになっていたので、フッキングを多用しました。
 この日は混むかなーと思っていましたが、われわれのほかは関西から来た2人パーティーのみ。
 彼らは当然のようにリーシュレスのバイルでした。
 リーシュレスのバイル僕もほしいな・・・。あと、よく刺さるスクリューも・・・。
 道具は日進月歩だなあ。
DSC01952.jpg
 登ったあとは懸垂下降で谷の底までおります。
DSC01953.jpg
 冬の青空の明るさと谷の中の暗さが対照的です。
 ああ八ヶ岳に来たんだなあと思う瞬間でした。 
DSC01955.jpg
 この日の晩は、またもやキムチ鍋。芸がない・・・。
 
 次の日は、行ったことがない、阿弥陀の中央稜をトレースしようという計画でした。
 朝起きると星が見えます。でも、少し登り始めて明るくなり始めると、だんだん曇ってきました。
 上部はガスの中で見えない・・・。
 中央稜にはうっすらトレースがあったので、それを利用させてもらい、上部へ。
 第一岩峰付近は、岩稜帯を右から巻きましたが、ルートはややわかりにくい。トレースも薄くなってきて、登れるところを登るといった感じで行きましたが、これを下降しようとすると、視界がないと難しそう・・・。
 下の写真は、いったん尾根の上に出て、第二岩峰を左から巻くためにトラバースしようとしているところ。
 膝上から腿くらいのラッセルでした。
 DSC01956.jpg
 上部を見ても相変わらずガスが濃く、視界も得られないうえに、風もラッセルもありそうなので、この日は第二岩峰上で撤収しました。
 帰ってみると、テントはわれわれのほか1張りのみ。
 以前はもっとテントが多かった気がしましたが、日帰りで来る人が多いのかな?
DSC01957.jpg
 というわけで当初の目的は達成できませんでした。中央稜は下降路として使うことが多いようですが、ガスっていたり、トレースがなかったりすると、結構迷いやすいのでは?といった印象でした。
 帰りは、樅の湯で浸かって、一路名古屋へ帰りましたとさ。