07
06

7月2日(日)の宇連山の報告です。
当初は荒島岳に登る予定だったのですが、北の方は天候が悪い予報だったので、急遽予定を変更して、三河の宇連山へ。宇連山といえばトレランレースで有名ですが、今回は夏山合宿トレを兼ねた山行です。

予定のコースは、愛知県民の森P→南尾根 → 西尾根 → 宇連山 → 北尾根 → 東尾根 →シャクナゲ尾根→Pの大回りコース。

 梅雨はどこへやら、ピーカンで、むしろ暑い…。

岩稜帯がうねうねと続きます。

 

宇連山は鳳来の岩場のすぐ近くということで、岩の種類(凝灰岩)や植生など、そのままといっていい感じ。明神山も間近に望めました。

頂上近くで50周年記念タオルを広げます。

 

残念ながら時間切れとなったので、北尾根の途中からガクノ小滝方面へ降り、Pへ戻りました。それでも、12km弱・累積標高差1,300m以上歩きました。

結構アップダウンがあり、大回りで12km、エスケープルートがたくさんあるので、トレーニングにはもってこいの山だと思いました。

ただ、もう少し涼しい季節がいいかな。。。


山行データ 1日目

山名・山域宇連山
山行ルート愛知県民の森P~南尾根 ~西尾根 ~ 宇連山 ~北尾根~ガクノ小滝~愛知県民の森P
日付2017.07.02
所要時間P~宇連山(往路3h30)、宇連山~P(復路2h)
山行人数3
天候晴れ
備考