■2日目(激しい)

2日目のコースタイムは11時間半。休憩入れたら12時間越えかもしれんので、朝3:00に起床。ねもい…

昨夜、中国の方が「明日は風が強くて、15mあるとのことです。15mはすごい風ですよ。」と教えてくれたので、思わず「アイヤー」と心の中で突っ込み入れたけど、さてどうでしょうか…

外に出ると、霧で真っ白。そして、予想どおり風がつおい… ボーボーヒューヒューいってます。
ただ、気温はかなり高めで、強風でも寒くありません。

暗い中、意を決して出発です。

間断なく激しい風がボーボーヒューヒューと。

40分ほど歩いたところにある中白峰山。
後ろから着いてきたパーティに頼んで撮ってもらいましたが、何も見えん… 。

 

霧が濃いのと(視界5m程度?)、暗いのとで、一般道なのにルーファイしながら進みました。

 

間ノ岳に着いた!
(タオルが飛ばされないよう必死に掴む、の図。)

カッパの膨らみ具合でおのずと強風度合が知れよう。

間ノ岳まではピストンの登山者もいて、そこそこの人数でした。
ここから先は、ぐっと人数が減ります。

 

農鳥小屋に着いた!  やれやれ。意外に人がいます。われらもしばし休憩です。この天候のせいか、かの親父さんには会えず。

一瞬だけ雲が上がった。おお、富士山が。

 

行程が長いので先を急ぎます。

 

しかし、あいかわらずの強風で、気を抜くと足元がふらつく。

 

西農鳥岳に着いた!
(タオルが飛ばされないよう必死に掴む、の図。)
他の登山者がいなくて撮影を頼むこともできず、なんかもうとりあえず証拠写真だけは撮っとけ、みたいな。

 

農鳥岳に着いた!
(タオルが飛ばされないよう必死に掴む、の図。)

3座ゲットしました。ミッション完了です!!!

頂上には意外に人がいた。中国語・韓国語が聞こえて、インターナショナルなお山でした。

 

大門沢への下降点。いよいよ下山開始です。しかし、ここまで、まったく景色見えず…

 

少し下ると、ようやく雲が切れて、おお、再び富士山が。今度はすっきり顔を出してくれました。

 

どんどん下って大門沢小屋へ。小屋の前のテーブルではビールを飲んでるグループがいたりして、とても賑やかでした。

ここでKさんに「カレーうどんが食べたい」と再三訴えかけられましたが、時間ないので却下。

下りを続けます。

 

ついに登山口に着きました! やった~!!!

ここから奈良田のPまでは4km程の車道を歩いていきます。

半分ほどの第一発電所まで来たら、工事のおっちゃんが「すぐにバスが来るよ」と声をかけてくれて、本当にすぐ来たので躊躇なく乗り込みました。30分程歩きを短縮できて、ちょーラッキーでした。

下山後に入った奈良田温泉は、古民家の中にあって、いい感じでした。

 

2日目はなかなか激しかったですが、雪の季節が来る前に3座のミッション完了できてほっとしました。
忘れられない山行となりました…

 

どこかでお会いできることをたのしみにしています。
ぷちっと応援お願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村