22/03
12

3月12日、HBさんと、南木曽岳に行ってきました。当初の予定は高い山に1泊で行く予定でしたが、急激な気温上昇で、日帰りの山に変更しました。

2人とも無雪期は行ったことがありますが、この時期は初めてです。

蘭(あららぎ)キャンプ場までは除雪してあり、2輪駆動の車で問題なく行けました。

 

この日は名古屋も最高気温20度越えの予報。ここでも朝も寒くなく、歩き始めてすぐに腐った雪に足を取られながら歩きます。少しトレースを外すと、結構はまります。でもこれはまだいい方でした。

 

駐車場から2時間半ほどで、地味な山頂の南木曽岳に到着。下着1枚で十分な暖かさ。

 

しばらく行くと、山頂部の平坦地に出ます。ここからは一番左の麦草山から木曽駒、宝剣、濁沢大峰、檜尾岳、熊沢岳、東川岳、空木岳、南駒、越百山まで中央アルプスが見通せます。展望がよくて気持ちがいい。

北の方には御嶽山。乗鞍や北アルプスは、黄砂?のためかうっすらとした展望でした。

小屋の屋根の雪も雪崩れていました。

小屋の中。明るくてきれいでした。

無風快晴の天気だったので、しばらくのんびり。

 

あとは、周回コースをとって、下山しましたが、午後になって気温がますます上がったせいか、激踏み抜き。下山路は木の梯子や岩のギャップが腐った雪の下に隠れており、うっかりすると、腿の付け根あたりまで踏み抜き、なかなか進みません。急な箇所は足を取られるので慎重に降りました。

結局、2時間半以上かかり下山。帰りの方が歩きにくかった。

低い山はすっかり春でした。正直快適とは言えない雪の状態でしたが、春の腐った雪の歩きの練習ができたと前向きに考えましょう。


山行データ 1日目

山名・山域南木曽岳
山行ルート蘭キャンプ場起点、終点の周回
日付2022.03.12
所要時間登り2時間半 下り2時間40分くらい
山行人数2人
天候快晴
山行記録8:20 駐車場
8:40 登山口
9:00 分岐
10:50 南木曽岳山頂
11:00 避難小屋
13:35 分岐
14:10 駐車場
備考一度踏み向いた雪から足が抜けず、スコップで足を掘り出した。