20/12
26

12月26日、4人のメンバーで、孫太尾根から藤原岳へ登ってきました。

滋賀県に単身赴任中のTKNさんと大貝戸で待ち合わせ、名古屋組の車で乗り合わせて孫太尾根入口へ。
帰路は大貝戸道の予定で、大貝戸にTKNさんの車を置いていきます。

 

孫太尾根入口 8:15に出発です。

先週から少し雪が少なくなった?のか、 最初は雪がありませんでした。

 

1時間ほど歩いて標高600m付近から雪が出てきました。

トレースはありません。

 

まずは丸山山頂で小休憩。ここまでは、まあまあいいペースでした。

 

 

丸山の先から徐々に雪が深くなってきます。

 

 

標高が高くなるにつれ、雪がふかふかになって、スムーズに進めません。

 

最初は先頭をかわるがわる進んでいましたが、そのうちTKNさん独走状態に。相変わらずの馬力で、ラッセルに着いていけない…(笑)。

独走するTKNさんを後目に、ワカンをつけず大変そうなISKさんを見失わないように、ときどき待ちながら進みます。

 

ようやく多古志山に着いたのは12:30。

 

んーまだまだかかりそうだな…。

 

 

ここからは、藤原岳から治田峠方面に降りて行くトレースがありました。

 

最後の急斜面は、大きな石の上に雪が載って、蹴り込んでも蹴り込んでも崩れる一方で、段差も大きくて体を上げるのも一苦労。

小さなわたしはところどころ這いつくばって進まねばならんかった。

雪の斜面に張り付いたネズミさんが もがいている感じ。

 

最後の急斜面を登り切ったところ。

 

 

藤原岳の頂上に着いたのは 13:50。入口から5時間半かかりました。

だいぶ格闘したな~!

 

 

雪山2回目という新入会員のFさんも頑張りました!(まったり系の予定と言ったのにすみません)

 

ここまで来ると、大貝戸方面から来たひとたちのトレースがばっちり。

小屋についたのは14時過ぎ。こんな時間にはヒトもいない。

 

そして雪山恒例のお汁粉だよ!

まともに昼ご飯も食べれなかったので、しみわたりました。

 

 

帰路は大貝戸道なので気が楽です。

 

9合目付近では下界もよく見えて気持ちのよい稜線歩きができました(一瞬だけど)。

 

 

先週の竜ヶ岳に引き続き、十分すぎるほど雪と戯れ、楽しかったです。

 


山行データ 1日目

山名・山域藤原岳
山行ルート孫太尾根~藤原岳~大貝道
日付2020.12.26
所要時間7時間40分(休憩含む)
山行人数4人
天候曇り時々雪
山行記録08:15 孫太尾根入口
09:30/09:45 丸山
12:30 多志田山
13:50/13:55 藤原岳
14:10/14:40 小屋
16:00 大貝戸口
備考積雪は30cm-40cm(深いところでは50-60cm)