02
01
岩登り(フリー, ボルダリング)

がっくり しらくら

1月某日、南紀の白(しらくら)に行ってきました。
この日は、名古屋ではこの冬の最低気温だったと思います。朝名古屋を出るときは小雪が舞っていました。
大台町に入っても、北風が冷たく、登れるのかなと思いながら到着。ところが、岩場は意外にも風も弱く、日なたでは暖かかったです。
白い石灰岩が青空に映えます。
DSC00256.jpg
ここへは、約2年ぶりになります。
軽くアップしたあと、以前登れなかったルートの取り付くと、やはり登れず敗退。
気を取り直して、以前登れたはずのルートに取り付いてみると、「あれ?」と体が動かず、あえなく敗退。
がーん 最近さぼってばかりだっから?と煩悶しつつ、短い1日が終わったのでした。
石灰岩は、ホールドの形といい、つるっとすべる感じといい、独特のものがありますね。
午後になると、少し風が強まり、日が陰って、急に寒くなったので、早々に退散しました。
↓岩場にいた別のパーティーの方を撮りました。「道普請はあわてずに」という名前のルートを登っています。どこに人がいるかわかるかな?
DSC00264.jpg