02
22
日帰り山行(積雪期)

雪の小秀山 

2月21日 阿寺山地の小秀山に行ってきました。
前日は、南岸低気圧が通過して、全国的に雨。
名古屋でも夕方に結構強い雨が降って、翌日は強い冬型の気圧配置になりました。
当初は能郷白山の予定でしたが、場所的に悪天が予想されたので、小秀山に行先を変更。
雪は少ないことを予想していましたが、果たして・・・・。
朝名古屋を出発。二の谷ルートは通行止めとのことで、三の谷から入山しました。
ゲートの前に、先行の車が一台だけ停まっていました。
登山口からしばらくは雪もほとんどなく、先が思いやられます。
こんな感じで雪が少ない。
あまりの雪の少なさに、Tさんは、熊が起きているのでは・・・と熊よけ鈴をつけました。
s-001.jpg
兜岩を越えて行くところ。風は強くなってきましたが、このあたりから天気もだんだんよくなってきました。
s-003.jpg
兜岩を越えてからはだんだんと雪が多くなってきましたが、モナカ状の雪で時に、腿のあたりまで沈みました。
まるで春のような雪質です。
尾根上で見た樹氷。きれいでした。
s-005.jpg
先行の方が、兜岩の先までトレースしてくださいましたが、視界がきかず、下りてこられました。
われわれは、だんだんと視界がよくなってきたので、がんばって山頂までトレース。
御嶽がきれいにみえました。
s-006.jpg
そして南アルプスも一望に・・・。
s-008.jpg
兜岩を越えると、高原状の緩やかな尾根に出ます。このあたりは、視界がきかないと迷いやすいところです。
ところどころ立木に赤布が結んでありましたが、頭上はるか高く結んであるものもあり、今年がいかに寡雪かを物語っていました。
結局、この日の小秀山はわれわれを含めて3人。静かな山でした。
帰りは、付知の「おんぽいの湯」であったまって帰りました。