19/12
28
日帰り山行(積雪期)

ふわふわ雪の釈迦ケ岳~三池岳

膝の調子が間に合わず冬合宿を自重したので、年末12月28日(土)は一人で鈴鹿を歩いてきました。
「鈴鹿の行ったことない場所を歩いてみよう」シリーズ(←年に1-2回発動するマイブーム)で、釈迦ケ岳の岩ケ峰尾根から三池岳を周るルートを歩くことにしました。

少し前に降った雪もすっかり溶けていたようですが、前日に久しぶりに雪が降って初雪の状態が期待できます。

八風キャンプ場から岩ケ峰尾根に上がります。

岩ケ峰尾根は、エアリアでは破線になってます。マーキングが多く迷うことはないですが、急登が続いてところどころ岩場や痩せ尾根があったりします。雪が微妙な感じについてるとちょっと嫌かもしれません。

年末だしマイナー尾根だし、誰もおらんかった。

釈迦ケ岳~三池岳の主稜線に出ても、どうぶつさんたちの足跡だけ。
降りたてほやほやの新雪の中を、どうぶつさんたちの足跡に並んでとことこ歩いていきます。

 

登山口から2時間ほどで釈迦ケ岳の頂上に着きました。
頂上付近には逆側のメジャールートから来たであろう登山者の足跡(たぶん一人だけ)がありましたが、自分が着いたときは誰もいませんでした。

 

釈迦ケ岳~三池岳の主稜線上に「仙香池」という素敵ポイントがあるとの情報を事前にゲットしていたので、寄ってみました。

なかなかよいところです。少しまったりして、冬の名物「お汁粉」をいただきました。

 

そこから中峠・八風峠を経て、30分ほどで三池岳へ。

 

三池岳からは東尾根で下ります。

東尾根の入口からちょっと下ったところに「お菊池」がありました。

 

東尾根もなかなか急ですが、危険個所はあまりないので、高速で降りられます。
1時間強で八風キャンプ場に戻ってこられました。

 

思ったより早く下山できたので、かねてから訪れたかった、いなべ市の「にぎわいの森」へ。

年末だったからか、あまり「にぎわい」はなかったですが、おいしそうなプリンとパンに惹かれて購入に至りました。

 

次の「鈴鹿の行ったことない場所を歩いてみよう」シリーズは、どこに行こうかな~


山行データ 1日目

山名・山域釈迦ケ岳~三池岳
山行ルート岩ケ峰尾根~釈迦ケ岳~三池岳~東尾根
日付2019.12.28
所要時間5時間(休憩含む)
山行人数1人
天候曇り時々晴れ
山行記録0730 八風キャンプ場P
0900/0910 岩ケ峰
0940/0950 釈迦ケ岳
1030/1050 仙香池
1115/1120 三池岳
1230 八風キャンプ場P
備考岩ケ峰尾根は雪の付き方によっては要注意