20/02
09
泊まり山行(積雪期)

八ヶ岳 大同心稜

2月8.9日でバリエーションの入門ルート、八ヶ岳の大同心稜に登ってきました。

8日の朝に名古屋を出発して9時半頃に美濃戸口に到着、駐車場には既に多くの車が・・・アセりましたが、無事駐車出来ました。さすがに人気の山域ですね。

身支度を整え出発します、前日まで名古屋でも冷え込んでいたので覚悟していたのですが、暖かい・・

 

3時間位で赤岳鉱泉に到着、テント場の混雑も心配していましたが、こちらは比較的余裕が有りました、小屋泊が多いのかな。

名物のアイスキャンディ

 

テント設営後、明日に備えてトレーニングにジョーゴ沢へ出かけました。F1でアイスでのバイルとアイゼンの使い方を教えてもらい、F2でロープワークの確認をしました。さらにツルツルに凍った場所でアイゼンワークを習います。(アイスでは妥協せずにしっかり効かせる!)

 

今回は小屋で飲料水を頂けるので時間に余裕が有ります、そのまま登って行き乙女の滝、ナイアガラの滝を眺めて(HCSさんは登りたかったはず・・・)テントに戻りました。

夕食は冬合宿と同じく鍋にしました、冬合宿では◯ニーを入れ過ぎてスープがほぼ無くなってしまう失敗をしたためリベンジです。鶏肉とキノコとカット野菜ミックス、締めに雑炊にしました。写真を撮り忘れましたが上手くいったと思います(鍋で失敗する方がミラクル?)

 

9日は赤岳鉱泉のブログで最低気温-17度、最高気温-4度、底冷えで何度か目が覚めましたがしっかり寝れて、6時に元気よく出発です。
大同心稜の急登尾根をひたすら直登して、1時間半で大同心の基部に到着。異世界感がすごい!!

ここを右にトラバースしてから、岩と雪と氷のミックス部を2ピッチ、ロープを出して突破します。
風が強く、ビレイ中に手足が冷えていきます。。そこから稜線へは難しく無いものの、トレースが無く踏み抜きが多い、いやらしいルートでした。

そして稜線にでてみると、、すさまじい風に吹き飛ばされそうに。思わず身の危険を感じ、ピッケルを差し込み、ヒザを着いて耐えます(正しくないかも)。この時点で赤岳に行く予定を硫黄岳へ変更、一歩一歩、風に耐えながら進み、やっと風の弱い所で休憩が出来ました。快晴なんだけどな~

外付けしていた時計はフリーズ(その後無事復活)
指先の感覚はなくってしまいした(軽~い凍傷?に、今でもキーボードを打つ指が少し痛いです)

硫黄岳を経て、11時過ぎ赤岳鉱泉に到着、テント等撤収。

 

14時に美濃戸口に下山しました。

 

色々な経験でき、とても充実の山行でした!!

 


山行データ 1日目

山名・山域八ヶ岳
山行ルート大同心稜
日付2020.02.08~09
所要時間1日目 約6時間 2日目 約7時間
山行人数二人
天候1日目 曇り時々晴れ 夜~明け方 小雪 二日目 曇りのち晴れ
山行記録一日目
 美濃戸口  9:50
 赤岳鉱泉  12:45

 赤岳鉱泉  13:45
  ジョウゴ沢
 赤岳鉱泉  16:30

二日目
 赤岳鉱泉  6:00
 大同心基部 7:30
 硫黄岳   10:10
 赤岳鉱泉  11:15

 赤岳鉱泉  11:55
 美濃戸口  14:00
備考赤岳鉱泉から美濃戸口までの下山道のアイスバーンに注意。