21/02
23

2月23日 Tさんと宝剣岳の南の稜線にあがるサギダル尾根に行ってきました。

サギダル尾根は、冬のバリエーション入門コースとして最近よく紹介されています。

今日は、稜線に上がったら、宝剣岳を抜けて千畳敷カールを下る予定です。

早朝に名古屋を出て、朝一番のバスで千畳敷に。菅の台バスセンターの駐車場では、思ったほど車はなかった。

気温も高めで、昨日からの暖かさが残っているような感じでした。

9時45分くらいにロープウェイ駅を出発。駅のわきにある社の横から、サギダル尾根に登ります。

 

稜線上は強風かも・・・。

 

ふと尾根を見え上げると、ソロの方が先行されていました。我々は2番手ですが、ソロの方はノーロープなので、順番待ちはありません。

一見寝た尾根に見えますが、だんだんと傾斜が出てきます。

どこでロープを出そうかと思っていたら、灌木におそらく忘れ物の残置スリングがあったので、ここでロープを出しました。

ルートは、両側が切れた岩場や短いナイフリッジもあり、変化に富んでいます。

 

インスタ映えしそうな写真が撮れそうですが、2人パーティーなので、登っている写真はとれず・・・。

ロープいっぱい伸ばして灌木でビレイ。次のピッチを上がるとサギダル尾根の頭でした。

 

主稜線に出てところ。予想通り冬型の気圧配置で風が強く顔が冷たい。ザイルを解いて、少し休んで、宝剣に向かいます。

この日は後続は2人パーティーと3人パーティーの2パーティーでした。サギダル尾根自体は1時間半ほどで登れましたが、順番待ちにつかまると、結構時間がかかり、帰りのロープウェイの時間が気になるかもしれません。

 

これから行く宝剣岳。

 

南側を振り返る。極楽平の先は空木岳か?いつかは冬に縦走してみたい。

 

宝剣岳の南稜の基部まで、ちょっとしたナイフリッジがあり、緊張します。

以前雪の状態が悪くて敗退したことがありましたが、今日は雪が締まってありがたい。

 

宝剣が大きくなってきました。

ここからは、新しそうな鎖が出ていて、比較的安心して登れますが、雪で埋まっていたらグレードアップするところです。

 

写真左側の立った支尾根が登ってきたサギダル尾根。

 

 

 

宝剣のピークを過ぎて北稜を下降しますが、30mほどは支点もなく、緊張のクライムダウン。落ちたら木曽側にまっさかさま。慎重に・・・。

 

宝剣山荘手前の風が弱いところで、大休止。あとは千畳敷を下るだけです。

カールの中から見たサギダル尾根。スカイラインの尾根です。

カールの中はしっかり雪があり、乗越浄土から、20分ほどで下りました。

1週間ほど前に雪崩も起きているようだし、ビーコンはちゃんと付けています。

 

12時55分のロープウェイに間に合いそうでしたが、天気もいいので、ホテル千畳敷でコーヒー飲んでまったりしました。

ホテルから見える南アルプス。農鳥岳と悪沢岳の間に富士山の頭が見えます。

 

思いのほか早く登ってこれました。

Tさん、お疲れさまでした。

 

Tさんのブラックダイヤモンドのアイゼン。アイゼンの前歯が左右非対称で、面白い形状。岩の細かいところに乗りやすいとか。

 


山行データ 1日目

山名・山域宝剣岳
山行ルートサギダル尾根
日付2021.02.23
所要時間尾根の登攀1時間半 全体で3時間半くらい
山行人数2人
天候晴れ
山行記録9時45分 ロープウェイ駅出発
11時10分ごろ 稜線上
11時55ごろ 宝剣岳
12時50分ごろ ロープウェイ駅
備考人気の尾根のようなので、順番待ちになったら、時間かかりそう。同じロープウェイに乗るので取りつき競争になる??