7月30日(日)~8月1日(火)の2泊3日で、某団体の山岳部の夏山例会に途中参加して、針ノ木・スバリ・蓮華・七倉を登ってきました。夏山例会と言っても、全小屋泊まりの山行です。

予定山行日中、ずっと天気が良くないとの予報で、前日の7月29日(土)に信濃大町に泊まったときは小雨がシトシト…。

翌日30日(日)は、もう一人の途中参加メンバーと、朝一のバスに乗って扇沢の登山口へ。
登山口では遭対協のおしゃべり好きなファンキーなおばさんにつかまり、危うく出発時間を大幅ディレイさせられそうになった(笑)

朝から雨の予報でしたが、意外に朝のうちは晴れ。

針ノ木大雪渓は、10本爪アイゼン・ストック・ヘルメットの装備で歩きました。落石が怖いので一気に登りました(実際、我らが歩いていたところから15mくらいの雪渓左端でボルダ―みたいな大きな岩が突然落ちて、雪の上をスーッと滑って行ったのを見たときは、肝を冷やしました)。

 

登山口から3時間半で針ノ木小屋に着きました(コースタイムは5時間半)。

その後は曇りとなりましたが、針ノ木岳・スバリ岳を登りました。
スバリ岳で種池山荘方面から来る本隊と合流する予定でしたが、こちらが早めに着いたので頂上では会えず、待つにも寒いので、先に針ノ木小屋に引き返すことに。

針ノ木岳・スバリ岳・小屋の周辺は、色んな花が盛りを迎えていました。

針ノ木岳から小屋までの帰路で、ライチョウの親子にも遭遇。

針ノ木小屋に戻るとすぐに雨が降り始めたのでラッキーでした。

2時間ほどすると、本隊がやってきて合流しました。
全員で13名のパーティだったので、小屋では2階を貸し切りにしてくれて、夜は就寝時間まで楽しく過ごしました。

2日目は、蓮華岳・七倉岳を越えて、船窪小屋まで歩きます。

この日は朝から良い天気。

蓮華岳がお出迎えしてくれました。

ファンキーおばちゃんが教えてくれたとおり、蓮華岳の斜面にはコマクサが群生しており、まるで斜面がピンク色に染まったかのごとく、たくさん咲いていました。

蓮華からの下りは「大下り」といって、一気に500m下ります。

下りの途中で、白いコマクサを発見(アルビノだそうです)。

 

下りの後半は鎖場もあるので慎重に…

鞍部に着いてほっと一息したら、七倉までの登りも、再びワイヤー・鎖場の連続でした。

七倉あたりまで登ると、立山が見えたりして。

今年は残雪が多いですね。それで花の満開時期も遅れたようです。我らにとってはラッキーでした。

のんびりと休憩しながら、船窪小屋に着いたのは、14時前頃でした。

船窪小屋の従業員の皆さんはとてもフレンドリーで、お迎えの鐘を鳴らしていただき、ウェルカムドリンク(お茶)まで出していただきました。

天気も良く景色も最高なので、小屋前のテーブルでビールを飲みながらのんびりしました。

槍も機嫌がいいようです。

ところが、夕方になると、槍方面だけに雲がかかり、何度も雷光が見えました(こちらからは天体ショーで楽しめましたが、槍近くにいた方は、さぞおそろしかったでしょう…)。

夜は星空を楽しんでから就寝。

最終日の3日目は、再び天気が崩れる予報。

七倉ダムまで一気に1,400m下り、七倉温泉に入った後、雨が降ってきました。
七倉温泉から松本までジャンボタクシーで出て宴会で締めとしました。

今回の山行では一つも50座がなかったですが、スバリ岳以外は全て行ったことのない山でしたのでよかったです(スバリ岳は、若駒に入って間もない春に行って、間一髪の事件を起こした思い出の山です…)。
また、雪渓を登ることができ、花もたくさん見ることができて、変化に富んで楽しい山行でした。
 
でも、他の団体と一緒に登ると、山岳会というのは安全意識が高いなぁと再認識します。これが当たり前になるよう、啓発活動(?)していきたいです。

 

どこかでお会いできることをたのしみにしています。
ぷちっと応援お願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ
にほんブログ村 にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村