19/06
23

6月23日(日)、天気予報はずっと雨。
「雨でも楽しい♪」のテーマに相応しい山はないかと探し、「お花がいっぱい♡」の山ならきっと「雨でも楽しい♪」を叶えてくれるはず! ということで、伊吹山に行くことにしました。
伊吹山を無雪期に表から登るのは、○十年ぶりかもしれんな。

山行目的は、ズバリ、「花を愛でる」。
しかし、メンバーは、HCSさん、SBYさん、SKJくん、HRTの、花に疎すぎる4人です。
 
朝、登山口近くの駐車場に進もうとしたら、車の前に仁王立ちで立ちふさがれて「上の駐車場は満車だ」と虚偽の発言にて個人宅の駐車場に拉致されるというハプニングがあり、強引さに閉口したものの、実質的な不利益はなかったので不問としよう。

まだ雨は降ってないためか、確かに人は多いが… 

気を取り直して、出発です。
 

 

最初は樹林帯の中をゆるゆると登っていきます。

 

3合目辺りからお花が次々と出現。 「保護柵」の中に入って、花を愛でるべく散策します。

色んな種類の花が咲いていて、次々と写真を撮ってしまう。

面白くなって、 途中から「写真大会」の様相に。

激写に夢中になる3人。

(+ どーでもいいと思ってる1人。)

 

プロのお手本。

テーマは
「ランドネ的ゆるふわ山行」。


 


  
 

(自分も 同じような?構図で同じ花を撮影したのですが、レベルの差の激しさに、並べてアップする気にならない(-_-;))

 

 

3合目から上も色んな花が咲いていました。

 

 

写真撮影しながら歩いていたら、あっという間に頂上に着きました。

頂上付近にもお花がたくさんあり、さらに激写。

 

 

激写を激写。を笑う人。

 

頂上ではガスがかかっていましたが、雨は降らず。

雨が降らんならカップラーメンでも持ってこればよかったと若干の後悔の念を抱きつつ、ゆるりと昼ご飯を食べてから、ゆっくり下山。

 

下山途中の7合目付近でヘリが出動して救助していました。

命がけのお仕事ですね… 頭が下がります。

 

下山したら登山口に花情報が。

「クララ」を追記しておきました(ドヤ顔。しかし、この日覚えたばかり)。

結局雨は降りませんでしたが、「写真大会」もできて、なかなか楽しい山行でした。

 

帰りはSKJレコメンドの紅梅園で〆。
入った瞬間、従業員さん数人が客席でまかない食べてて、他にお客さんがいなかったので、危険センサー作動しましたが、意外においしくて○(丸)。

 
なお、この日の収穫物?である花の写真は、こちらに。ほんとにたくさんの種類が咲いていました。

 


山行データ 1日目

山名・山域伊吹山
山行ルート表登山道
日付2019.06.23
所要時間6時間30分(休憩・散策込み)
山行人数4人
天候曇り
山行記録
備考今年は花が少ないそうです。

伊吹山に関連する山行

climbing record
09
28
日帰り山行(無雪期)

伊吹山

climbing record
04
02
日帰り山行(無雪期)

伊吹山の北尾根

climbing record
02
11
日帰り山行(積雪期)

伊吹山!メスティンで豚汁

climbing record
05
18
日帰り山行(無雪期)

伊吹山北尾根コース

climbing record
02
02
日帰り山行(積雪期)

伊吹山