19/09
24

9月24日(火)は個人的に夏休みの最終日で、当初は沢に行こうと思っていましたが、前日の降雨量が多く当日も天候が思わしくなかったため、急遽、藤内壁に行くことになりました。

SBYさんと女子2人のクライミングです(「女子」の定義は各人各様の解釈で)。

 

6:30名古屋発、8:00蒼滝駐車場出発。

下界の天気予報は「晴れ」だったけど、山の中に入るとガスです。”御在所あるある”なスタートでした。

 

9:00頃に前尾根の基部に着いたら霧雨が降ってきました。

 

 

岩もしっとり、クラックの中は濡れた感じです。こんな感じも”御在所あるある”ですね。

 

SBYさんは、前尾根はP7しか登ったことがないとのこと。本格的な雨が降り出さないことを願いつつ、P2まで抜けるつもりで登り始めます。

 

前尾根を全部通して登るのは何年ぶりだろう…と考えながら、おぼろげな記憶を頼りにルートを取っていきます。(前尾根は休日いつも大渋滞で、楽しい記憶があまりなく、つい避けていました。)

 

さすが平日、他におじさん一人がいただけで、岩場は貸し切り状態。

ゆっくり練習するのにもってこいの機会なので、簡単なピッチをSBYさんにリードしてもらい、アルパインのリードのシステムを経験してもらいます。

 

フリーやセカンドで登るときとは違って、自分で考えながらルートやアンカー取りしなければなりません。応用力が試されますが、たくさん経験するのが一番です。


(カラビナがひっくり返ってますけどね…)

 

次第に雲が上がってきて、名古屋駅の高層ビル群も見えてきた。

このショットはインスタ映えする?

 

最後はP2(ヤグラ)を登りました。

実に何年ぶりに登ったけど、こんなに簡単だったっけ?という印象。
(核心部に新しいボルトが打ってあったので、安心感からかな?)

ヤグラからの下降路があるとは知らず(というか、忘れており)、懸垂下降しました。


(↑たなびくロープがアートのようで美しい。)

 

 

下山路にはススキが。いつの間にか秋ですね…。

 

自分が入会した頃は、いまのようにインドアクライミングジムがほとんどなくて、クライミングの練習といえば藤内壁でした。よく通ったなー。
こんなに近くにこれほどの規模のゲレンデがあるのは、全国で考えても恵まれているのではないでしょうか。ここでしっかり経験を積んで、本番の岩場に行きましょう。

 


山行データ 1日目

山名・山域御在所
山行ルート藤内壁
日付2019.09.24
所要時間8時間(休憩・練習含む)
山行人数2人
天候霧雨~曇
山行記録08:00 碧滝P
08:50 前尾根基部
14:50 P2基部
15:15 P2基部
16:00 碧滝P
備考