2月5日、代表のHさんと久しぶりにアイスクライミングに行きました。

家庭の事情でなかなか山に行けないHさん。この日は、久しぶりに一緒にクライミングに行けました。

先週も計画をしていましたが、「ひょっとしてコロナ?」という声枯れのため、あわててお医者さんへ行ってPCR検査を受けましたが、結果が出るのに日にちがかかるため、万一のことを考え山行を断念。

結果陰性だったので、捲土重来です。

この日は、折からの冬型の気圧配置で、寒気も入ってきて、藤内小屋あたりから雪降りになりました。

 

天気が悪いことがわかっているせいか、登山者は少なかったです。

ただ、アイスクライミングの人は少しいて、αルンゼや中又に向かった様子。今日はわれわれは3ルンゼの氷を登りに行きました。

 

中又は氷つながっている様子でした。

 

 

藤内沢は、この日先行2名だけの様子。先行2名の方は、コンテの状態で行動していましたが、おひとりはチェンスパで、ずりずりしながら、大変苦労して歩いていました。ここはやはりアイゼンじゃないと滝の巻き道は危険だと思います。

途中から先頭になって、足首から脛くらいの軽いラッセル。ふかふかの新雪だったので、古いトレースの跡を丁寧にたどれば、ツボ足でもそれほど踏み抜くことはありません。

 

 

駐車場から3時間ほどして、着きました。あまり発達していません。着いたときは誰もいないので、意外な感じがしましたが、ほどなくして、裏道から下りてきた人と思しきテンションやたら高い系の人が来ました。ルートを変えて数本登ったところで、今度は団体さんが上がってきたので退散。2人しかいないので登っている写真は撮れませんでした。

 

帰りは、中道から下山。朝陽台から下りる富士見岩のところで、コスプレのおねえさんが写真撮影していました。

結構薄着だったので、「寒くないですか?」と聞いたら「寒いです!」と。すみません。愚問でした。好きなことにために寒気に耐える。その根性を見習わなければ…。

私の知らない世界なので、少し興味を持って、あとで調べたら、ロープウェイ会社と何やらコラボ企画もあるようです。興味ある方は調べてください。

 

中道のキレットの様子。なんだかすごいところを登っているようですが、そうでもありません。

でもアイゼンは要るかと。このあたりで外国人の2人連れとすれ違いましたが、軽登山靴です。アイゼンはないのか聞いたら「アリマセン!」とのこと。「気をつけるからダイジョーブ!」と言われてしまいました…。

 

なんだか、いろいろな人に会った一日でした。


山行データ 1日目

山名・山域御在所
山行ルート藤内沢3ルンゼ
日付2022.02.05
所要時間全体で7時間くらい?
山行人数2人
天候雪ときどき曇り
山行記録
備考強風ではないが、じっとしていると寒い。