6月26日、少しあるいてみようと中央アルプスの烏帽子岳に行ってきました。

烏帽子岳という名前の山は各地にあるようですが、ここは200名山に数えられているせいか、人気が高く、朝7時半くらいに駐車場に行ったら、もう7~8台の車が停まっていました。先行の3人と1人を抜かして山頂に行っても誰もいなかったので、念丈岳の方まで足を延ばすひとが多いのかもしれません。

この日は、曇天の一日でした。西風が強く吹いて、汗だくにならずにすみました。

この時期によく出る、不愉快な羽虫もなぜかいなかった。あの虫はなんだろう。気になりつつ調べたことがない…。

この日は、雲の合間からときどき下界がみえた。南アルプスの方はずっと雲がかかっていました。

行きしなにすれ違ったおじさんが、「あと2時間で雨が降るよ」と言っていました。ネットでみたのかどうかしりませんが、どうもすれ違う人にみんな言っているようで、一部の人は、ピークまで行かずに帰ってしまった人もいるよう。

本当に降ったかどうか、わかりませんが、なんだか、わかりすぎるということは、ある意味つまらない気がします。

 

そういえば、買ってほとんど使ってなかったキャメルバッグを持っていき、ちゅうちゅうしましたが、やはりごくごくしたいなあ。

帰ったら、名古屋は蒸し暑かった。これからまた亜熱帯の季節の始まりかと思うとうんざりです。

 

ここは、記録をみると、冬でも駐車場まで車が入っているようです。

冬にまた来たいな。あと、秋の紅葉のいい時期に越百山まで足をのばせるといいな。


山行データ 1日目

山名・山域烏帽子岳
山行ルート鳩打峠から
日付2022.06.26
所要時間
山行人数1人
天候曇り
山行記録7:30 鳩打峠駐車場
8:00 小八郎山
9:50 烏帽子岳
11:30 駐車場
備考特に危険な箇所はないが、上部の木の根で滑りやすいので注意を。

烏帽子岳に関連する山行

climbing record
11
17
climbing record
08
28
日帰り山行(無雪期)

中央アルプス烏帽子ケ岳

climbing record
climbing record